妊活中の生理で涙・・・いつになったら想いが届くの?

男性も女性も、年齢を重ねるにつれ、妊娠率は下がっていきます。ある統計データによると、女性の生理1周期ごとの妊娠率は、30歳までは25~30%、35歳で18%、40歳で5%、45歳で1%とされています。女性の持つ卵子の老化は37歳から42歳にかけて急速に進み、その数は10分の1にまで減少するともいわれているのです。

現代の社会では、晩婚化などにより35歳を超えて初産を迎える高齢出産カップルが増え、それに比例するように不妊で苦しむ人々も増加の一途をたどっています。生殖医療の発達により、体外受精などで子供を授かる人も増えていますが、高額な費用がかかる、身体的・精神的負担が大きいなどの理由で治療が続けられないケースも多く、依然として不妊の悩みは尽きません。

医学的には、正常な夫婦生活がありながら、二年経っても子供が出来ない場合を不妊と呼びます。かつては、全ての不妊は女性に原因があるというのが社会的な風潮でしたが、現在は男性に原因があるケースも少なくはないということがわかっています。不妊全体の中での割合は、女性原因が約五割、男性原因が約三割、原因不明が約二割といわれています。

しかし、不妊が原因で深刻な悩みを抱えるのは、男性よりも女性の方が圧倒的に多いようです。中には生理が来る度にうつ病に近い状態まで落ち込んでしまう方もいるようです。
「自分はこんなに頑張っているのに夫はどこか他人事だ」
「自分より後に結婚した友達が、どんどん妊娠・出産していく」
「両親や義両親から孫はまだかと催促される」
などなど、マイナスのスパイラルにどんどん嵌まり込んで行ってしまうケースも少なくありません。特に30代の適齢期ともなると、周囲は友人も身内も出産ラッシュで、「どうして自分だけ妊娠できないんだろう」などと、つい他人と自分を比較してネガティブになってしまうものです。

しかし、落ち込んでいても妊娠はできません。むしろ、ネガティブな気持ちはホルモンバランスの崩れにもつながり、妊娠にとってマイナス要素にしかなりません。
妊活中に生理が来ると落ち込んでしまうのは当たり前ですが、できるだけ気分転換をして、意識的にマイナスのスパイラルから抜け出すようにしましょう。
部屋に閉じこもって一日中妊娠や不妊のことを考えていれば、健康な人間でも気持ちが滅入ってしまいます。そんな時こそ、趣味に没頭したり、映画を観たり、本を読んだり、美味しい食事をしたり、無理やりにでも違うことをしてみれば、自分でも気づかぬ内に自然と気分転換が出来ているものです。
特におすすめなのは、体を動かすことです。友人とスポーツをしてみたり、夫婦でトレッキングに出かけてみたり……。運動をして新陳代謝を上げることは、妊娠しやすい体作りにもプラスに働きます。心地よく汗を流して心身ともにリフレッシュすれば、また次の周期も前向きにチャレンジしてみよう! という気持ちになれるはずです。

また、葉酸サプリメントや漢方、ヨガなど、妊活に良いとされるものを試してみたり、産婦人科を受診したことがない方は不妊に関する検査を一度受けておくのも良いと思います。
妊活中の生理は本当に辛いものですが、あまりそこに心を捉われて落ち込みすぎないようにしたいものですね。

卵菅が長いと着床しづらいって本当?

まず初めに、卵管とは子宮と卵巣を繋ぐ長さ約10cm、直径約1mmの管のことです。
膣内に射精された精子は、子宮から卵管に移動し、卵管膨大部で卵子と受精します。受精卵は卵管で発育し、その後子宮に運ばれ、無事に着床すると妊娠成立となります。日頃あまり意識をしない卵管ですが、妊娠にとってはとても重要な役割を果たしているのです。
この卵管に障害があると、精子と卵子が受精しづらくなる、受精卵が子宮まで移動できなくなる、受精卵が卵管に着床する「子宮外妊娠」を引き起こすなど、様々なトラブルの原因になってしまうのです。これを「卵管障害(卵管性不妊)」といいます。

卵管障害は、主に以下のようなことが原因となって起こるとされています。

・STD(クラミジア、トリコモナス、淋病などの性感染症)
・細菌感染
・子宮内膜症
・腹腔内の炎症が移行(虫垂炎など)
・術後の癒着

卵管障害は不妊症の原因の約30%を占め、近年増え続けています。明確なリスクはSTD(性感染症)、性交渉の低年齢化、適切な避妊を行っていない、複数のパートナーとの性交渉があるなどで、卵管の長さは関係ありません。
つまり、冒頭にあげた「卵管が長いと着床しづらい」というのは、根も葉もない噂話と言って良いでしょう。どちらかといえば、長さよりも太さ(通気性)の方が妊娠にとっては大事な要素となります。卵管に十分な太さがあれば、人より多少長さがあっても受精は可能ですが、卵管がつまったり狭窄したりしていると、長さが短めでも受精は難しくなってしまいます。

卵管障害を調べるには、いくつかの検査方法があります。一般的に行われるのは、子宮の中に造影剤を入れて卵管の通りを検査する「子宮卵管造影検査」です。他にも「卵管通気検査」「卵管通水検査」「腹腔鏡検査」などがあり、状況に応じて最適な方法が選択されます。
卵管がつまっていたり癒着している場合でも、程度が軽症であれば上記の「子宮卵管造影検査」などで、症状が改善するケースが多々あります。一方、残念ながら改善しない場合は、次のような方法が選択されます。

・腹腔鏡手術
腹部にごく小さな穴をあけ、腹腔鏡を挿入して、つまりや癒着を取り除く手術を行います。

・卵管鏡下卵管形成術
膣からバルーンカテーテルと呼ばれる器具を卵管に挿入し、癒着を取り除きます。

・体外受精
卵巣から直接卵子を採取し、顕微鏡下で人工的に精子と受精させ、子宮に戻します。卵管を経由しないため、腹腔鏡手術や卵管鏡下卵管形成術で症状が改善しないケースでも妊娠が可能となります。

卵管障害の治療には多少の苦痛も伴うほか、妊娠率や分娩率では体外受精が上回るため、体外受精を選択するカップルも多いですが、卵管障害を治療しておくと、二人目や三人目を望んだ時に自然妊娠の可能性がUPするというメリットもあります。
また、卵管障害の治療には保険が適用されるため、一回の治療に対して自己負担額は十万円程度でおさまりますが、体外受精は基本的に自由診療のため、一回の移植につき四十万円前後の治療費がかかり、経済的な負担はかなりのものになります。

これらのメリット・デメリットを理解した上で、どんな治療を選択するのがベストなのか、考えてみる参考にしていただければと思います。

人工授精ってどんな流れでやるの?

人工授精とは、精子を子宮内に直接注入し、精子が卵子に受精する確率を人工的に高める不妊治療法です。子宮内に注入された精子は自力で卵子に到達するため、比較的自然に近い形で妊娠することができます。
不妊検査の結果、次のような症状が見られた場合に、人工授精が選択されます。

・精子の運動性や数が乏しく自然妊娠が難しい場合
・セックスレスや性交障害がある場合
・女性生殖器や子宮頚管に異常があり精子の通過が難しい場合
・抗精子抗体が陽性の場合
・原因不明の不妊の場合

不妊に悩む人にとって、人工授精は一筋の光明とも言える治療方法です。しかし、どんな治療もそうであるように、人工授精にはメリットとデメリットがあります。
まず、メリットとしては、「治療方法が比較的容易で、ある程度の妊娠率が確保できる」「治療に時間がかからず、痛みもほとんど伴わない」「身体への侵襲性(負担)が少ない」などが挙げられます。
一方のデメリットとしては「自由診療で保険が使えないため、治療費が高額になる」「排卵誘発剤を併用する場合は多胎になったり、卵巣過剰刺激症候群を発症するリスクがある」などの問題が考えられます。
治療を受ける際には、これらのメリット・デメリットをよく理解しておく必要があります。

では、実際の治療は、どのような流れで進むのでしょうか。

1.排卵の時期を調べる
人工授精を行う前には、超音波やLH検査薬を使って、排卵のタイミングを調べます。
ちなみに、LH検査薬とは、排卵前に下垂体から放出される黄体形成ホルモンのことで、このホルモンが急激に上昇しピークに達すると36時間以内に排卵が起こるとされています。LH検査薬では、尿中のLH濃度を調べることで、排卵日がいつなのかを特定することができるのです。

2.精液の採取
男性の精液を採取します。自宅やクリニックで、マスターベーションによって精液を採取するのですが、可能であればできるだけクリニックで採取した方が妊娠率は高まるとされています。どうしても難しい場合は、せっかくの精子を死なせないためにも、精液を保存した容器を下着の中に入れて温めるなどしながら、クリックまで持参するようにしてください。

3.精液を人工授精に適した状態に調整する
採取した精液は、そのままの状態で子宮に注入するのではなく、運動能力の高い精子を遠心分離で選り分け、精子洗浄培養液で洗浄した後に、最適な状態で治療に使用します。こうすることで、妊娠成功率をより引き上げることができます。

4.人工授精
1~3のステップを経た上で、ようやく人工授精に至ります。
3の行程で最適な状態にした精子0.3mlを専用のチューブに入れ、子宮内に注入します。注入に要する時間は約1~2分程度で、通常痛みなどは伴いません。
人工授精を行った後は、念のため30分程度安静にした後、その日の内に帰宅できます。入院の必要などもないので、日常生活を送りながら治療を受けることが可能です。

人工授精を行ったからといって、100%確実に妊娠できるわけではありません。
また、前述の通り人工授精は現段階では自由診療扱いとなってしまうため、高額な治療費がかかってしまう場合もあります。
それらを理解した上で、自然妊娠が難しい場合に、有効な選択肢の一つとしてこうした治療方法があることを知っておくのは、決して不利益にはならないと思います。

クロミッドの副作用って?産まれてくる赤ちゃんには影響ないの?

クロミッドとは、不妊治療に使われる代表的な排卵誘発剤です。薬剤に含まれるクエン酸クロミフェンという成分が脳下垂体に作用して、卵胞刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンの分泌量を増やし、卵胞を成熟させ、排卵を促す作用があるとされています。
また、クロミッドは男性不妊の治療にも使用される場合があります。この場合も性腺刺激ホルモンを増加させ、精子の生成を促す作用があるといわれています。

通常、クロミッドは排卵がないタイプの不妊症に対して使用され、国内では、「クロミッド」「セロフェン」「フェミロン」「オリフェン」などが発売されています。
生理周期5日目から1日1錠のペースで5日間服用します。1錠で効果が見られない場合は、2~3錠程度まで数を増やす場合もあります。
クロミッドを服用することで排卵日が安定し、タイミング療法や人工授精といった不妊治療がやりやすくなる効果が期待できます。

不妊症の治療では第一選択に挙げられることの多いクロミッドですが、メリット(効果)の反面、デメリット(副作用)もあります。

クロミッドの主なデメリット(副作用)は以下の通りです。

・下腹部の張り、痛み
・視覚の異常(物がかすんで見える等)
・発疹
・情緒不安定
・AST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビン、γ-GTPなど肝機能数値の上昇
・吐き気、食欲不振
・多尿
・口渇感
・顔面の紅潮
・倦怠感

他にも、精子が子宮に到達するために重要な役割を果たす「頸管粘液」の減少や、子宮内膜が薄くなる、卵巣が腫れる等の副作用が起きる可能性があります。
程度の重さは個人によって異なりますが、場合によっては日常生活に支障をきたすほど、強い副作用が出てしまう人もいるようです。つわりのような症状が出て仕事や家事が出来なくなり、やむなく服用を中止するケースも少なくはありません。
さらに、乳がんや乳房結節、乳腺症、子宮筋腫、子宮内膜症の既往歴・家族歴がある人は、クロミッドの服用によって症状が悪化する場合があるので注意が必要です。
気になる症状が現れた場合は、程度の軽重に関わらず、かかりつけの医師に報告し、適切な処置を受けるようにしてください。

また、クロミッドを服用する上で一番気になるのが、胎児への影響です。
クロミッドの服用歴がある場合、ない場合に比べて、やや流産の可能性が高くなるというデータがあります。また、多胎児(双子)が産まれる確率も、一般の妊娠に比べて上昇する傾向があるようです。
しかし、それ以外の重篤な副作用は現時点では報告されていません。クロミッドを服用したからといって、先天性障害の発生が多くなる・胎児に何らかの病気が起きる等の心配はありませんので、安心していただければと思います。

錠剤の数にもよりますが、クロミッドを一か月間服用した場合、保険適用での自己負担額は500円程度となります。不妊治療はお金がかかるもの、というイメージが先行しがちですが、クロミッドに関して言えば、決して高額な費用のかかる治療ではありません。
前述の通り、副作用の心配もゼロではありませんが、不妊症治療の第一歩として、クロミッドはとても優秀な薬です。不妊にお悩みの方は、一人で悩みを抱え込まずに、まずはかかりつけの医師に相談してみていただければと思います。

35歳からの妊活にも葉酸サプリは飲んだ方が良いの?

葉酸は、1941年にほうれん草から発見されたビタミンの仲間で、通称ビタミンMと呼ばれている栄養素です。2000年には厚生労働省から、妊活・妊娠中に摂取した方が良い栄養素として、正式に勧告が行われています。

ドラッグストアのマタニティコーナーなどに行くと、葉酸サプリや葉酸の含まれた健康食品などが多数売られています。
妊活中や妊娠中の人にとって身近な存在となった葉酸サプリですが、葉酸を摂取することで、具体的には次のような効果が得られるとされています。

葉酸の主な効果

・胎児の発育不全(神経管閉鎖障害)を防ぐ
・細胞の分裂時にDNAの働きを助ける
・子宮内膜の状態を良くする
・精子の生成や細胞分裂を助ける
・貧血を改善する
・母乳の出を良くする

これを見ると、妊活中から妊娠中、さらには出産後も、葉酸は必要不可欠な栄養素であることが分かりますよね。
また、女性だけでなく男性にとっても、葉酸の摂取は重要であることがお分かりいただけるかと思います。

妊活や妊娠にさまざまなメリットをもたらしてくれる葉酸ですが、特に重要な働きをするのは妊娠初期です。特に、胎児に先天性の異常が起こりやすい35歳以上の高齢出産にとって、葉酸の摂取はリスクの低減に役立ちます。
胎児の発育不全の中でも、特に重篤な結果をもたらす神経管閉鎖障害は、妊娠4週目頃に起こり、二分脊椎症や無脳症の原因になるとされています。かつては稀な障害でしたが、近年は増加傾向にあるともいわれています。
妊娠初期に適切な量の葉酸を摂取することで、これらの障害の七割を防ぐことができるとされています。そのため、厚生労働省では、妊活中や妊娠中には、一日あたり400・の葉酸を摂取することが望ましいとしています。
また、自閉症や流産の予防にも、葉酸の摂取は効果的であるといわれています。

葉酸が多く含まれている食品には、次のようなものが挙げられます。

●植物性の食品
・ほうれん草
・ブロッコリー
・グリーンアスパラガス
・いちご

●動物性食品
・鶏レバー
・牛レバー
・豚レバー

しかし、これらの食品を毎日大量に摂り続けるのは、現実的にはなかなか困難ですよね。そんな時、葉酸サプリを上手に利用すれば、効率的に必要量を摂取することができるのです。

妊活、特に35歳以上の高齢出産にあたる妊活中の人にはぜひとも試して欲しい葉酸サプリですが、商品を選ぶ際には、できるだけ天然由来の成分のみで作られているものを選択していただけると安心です。
また、葉酸以外に、鉄分やビタミン、カルシウムなどが配合されている商品もありますので、そうしたものを選べば複数の栄養素を一気に摂取することが出来てお得です。

葉酸サプリは、飲み始めればすぐに効果が現れるという類のものではなく、ある程度の期間飲み続けることで、体質そのものを良い方向に変えていくサプリです。継続して飲み続けるためには、成分が安全・安心できるものであるのはもちろんのこと、匂いや形が飲みやすいことも大切です。
最初から大量に購入するのではなく、まずは一袋(一瓶)購入してみて、そのサプリが自分に合うかどうかを確かめてから継続的に利用するようにすれば、失敗も少なくて済みますし、より長くサプリを飲み続けることができるでしょう。
35歳からの妊活には、葉酸サプリをぜひともおすすめします。