35歳からの妊活にも葉酸サプリは飲んだ方が良いの?

私は妊娠中、とにかくたくさん歩いて体力をつけたおかげで安産で出産することができました。妊娠5か月のときに急に主人の転勤が決まり、見知らぬ土地へ行くことになりました。引っ越し先は郊外で車がなければ生活が不便な場所でしたが、私は免許を持っていたものの車を運転したことがなく、妊娠中に車の運転の練習をするのは危険だったため、出産して生活が落ち着くまでは徒歩で生活することにしました。スーパーまでは歩いて片道20分かかりました。

よって家からスーパーまで往復してスーパーの中でウロウロしていたらトータルで1時間以上は歩くことになります。しかし引っ越して間もないため友達もおらず、家に閉じこもっているだけが嫌な性格の私は、散歩もかねてほぼ毎日スーパーに歩いていきました。そのため出産に必要な体力がつきました。また住んでいたアパートが階段なしの3階だったため、毎日上り下りすることでも自然と体力がつきました。そうすることで体重も増えすぎず、赤ちゃんの体重管理もできていたのだと思います。

そして迎えた出産のとき。初めての出産でドキドキしていましたが、妊娠中の体調がよく、うまくリラックスして穏やかな日々を送っていたので、私も赤ちゃんも万全の態勢で出産に臨むことができました。夜中に陣痛が始まり、病院に到着したときにはすでに子宮口が9センチ開いており、陣痛室には入らず直接分娩室に行くことになり、そこから3時間で赤ちゃんが出てきてくれました。私は妊娠中、つわりも軽くずっと体調が良かったということにも救われましたが、妊娠中の精神的、肉体的なダメージがあればそれがすぐに体調に表れてしまいます。

妊娠中は精神的に不安定になることもあるかもしれませんが、周囲の理解と協力によっていい方向にも悪い方向にも進むものです。私流の安産の秘訣は、しっかり歩いて体力をつけると同時に、うまく不安を取り除き、心穏やかな日々を送る、ということだと思います。