クロミッドとは、不妊治療に使われる代表的な排卵誘発剤です。薬剤に含まれるクエン酸クロミフェンという成分が脳下垂体に作用して、卵胞刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンの分泌量を増やし、卵胞を成熟させ、排卵を促す作用があるとされています。
また、クロミッドは男性不妊の治療にも使用される場合があります。この場合も性腺刺激ホルモンを増加させ、精子の生成を促す作用があるといわれています。

通常、クロミッドは排卵がないタイプの不妊症に対して使用され、国内では、「クロミッド」「セロフェン」「フェミロン」「オリフェン」などが発売されています。
生理周期5日目から1日1錠のペースで5日間服用します。1錠で効果が見られない場合は、2~3錠程度まで数を増やす場合もあります。
クロミッドを服用することで排卵日が安定し、タイミング療法や人工授精といった不妊治療がやりやすくなる効果が期待できます。

不妊症の治療では第一選択に挙げられることの多いクロミッドですが、メリット(効果)の反面、デメリット(副作用)もあります。

クロミッドの主なデメリット(副作用)は以下の通りです。

・下腹部の張り、痛み
・視覚の異常(物がかすんで見える等)
・発疹
・情緒不安定
・AST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビン、γ-GTPなど肝機能数値の上昇
・吐き気、食欲不振
・多尿
・口渇感
・顔面の紅潮
・倦怠感

他にも、精子が子宮に到達するために重要な役割を果たす「頸管粘液」の減少や、子宮内膜が薄くなる、卵巣が腫れる等の副作用が起きる可能性があります。
程度の重さは個人によって異なりますが、場合によっては日常生活に支障をきたすほど、強い副作用が出てしまう人もいるようです。つわりのような症状が出て仕事や家事が出来なくなり、やむなく服用を中止するケースも少なくはありません。
さらに、乳がんや乳房結節、乳腺症、子宮筋腫、子宮内膜症の既往歴・家族歴がある人は、クロミッドの服用によって症状が悪化する場合があるので注意が必要です。
気になる症状が現れた場合は、程度の軽重に関わらず、かかりつけの医師に報告し、適切な処置を受けるようにしてください。

また、クロミッドを服用する上で一番気になるのが、胎児への影響です。
クロミッドの服用歴がある場合、ない場合に比べて、やや流産の可能性が高くなるというデータがあります。また、多胎児(双子)が産まれる確率も、一般の妊娠に比べて上昇する傾向があるようです。
しかし、それ以外の重篤な副作用は現時点では報告されていません。クロミッドを服用したからといって、先天性障害の発生が多くなる・胎児に何らかの病気が起きる等の心配はありませんので、安心していただければと思います。

錠剤の数にもよりますが、クロミッドを一か月間服用した場合、保険適用での自己負担額は500円程度となります。不妊治療はお金がかかるもの、というイメージが先行しがちですが、クロミッドに関して言えば、決して高額な費用のかかる治療ではありません。
前述の通り、副作用の心配もゼロではありませんが、不妊症治療の第一歩として、クロミッドはとても優秀な薬です。不妊にお悩みの方は、一人で悩みを抱え込まずに、まずはかかりつけの医師に相談してみていただければと思います。