人工授精とは、精子を子宮内に直接注入し、精子が卵子に受精する確率を人工的に高める不妊治療法です。子宮内に注入された精子は自力で卵子に到達するため、比較的自然に近い形で妊娠することができます。
不妊検査の結果、次のような症状が見られた場合に、人工授精が選択されます。

・精子の運動性や数が乏しく自然妊娠が難しい場合
・セックスレスや性交障害がある場合
・女性生殖器や子宮頚管に異常があり精子の通過が難しい場合
・抗精子抗体が陽性の場合
・原因不明の不妊の場合

不妊に悩む人にとって、人工授精は一筋の光明とも言える治療方法です。しかし、どんな治療もそうであるように、人工授精にはメリットとデメリットがあります。
まず、メリットとしては、「治療方法が比較的容易で、ある程度の妊娠率が確保できる」「治療に時間がかからず、痛みもほとんど伴わない」「身体への侵襲性(負担)が少ない」などが挙げられます。
一方のデメリットとしては「自由診療で保険が使えないため、治療費が高額になる」「排卵誘発剤を併用する場合は多胎になったり、卵巣過剰刺激症候群を発症するリスクがある」などの問題が考えられます。
治療を受ける際には、これらのメリット・デメリットをよく理解しておく必要があります。

では、実際の治療は、どのような流れで進むのでしょうか。

1.排卵の時期を調べる
人工授精を行う前には、超音波やLH検査薬を使って、排卵のタイミングを調べます。
ちなみに、LH検査薬とは、排卵前に下垂体から放出される黄体形成ホルモンのことで、このホルモンが急激に上昇しピークに達すると36時間以内に排卵が起こるとされています。LH検査薬では、尿中のLH濃度を調べることで、排卵日がいつなのかを特定することができるのです。

2.精液の採取
男性の精液を採取します。自宅やクリニックで、マスターベーションによって精液を採取するのですが、可能であればできるだけクリニックで採取した方が妊娠率は高まるとされています。どうしても難しい場合は、せっかくの精子を死なせないためにも、精液を保存した容器を下着の中に入れて温めるなどしながら、クリックまで持参するようにしてください。

3.精液を人工授精に適した状態に調整する
採取した精液は、そのままの状態で子宮に注入するのではなく、運動能力の高い精子を遠心分離で選り分け、精子洗浄培養液で洗浄した後に、最適な状態で治療に使用します。こうすることで、妊娠成功率をより引き上げることができます。

4.人工授精
1~3のステップを経た上で、ようやく人工授精に至ります。
3の行程で最適な状態にした精子0.3mlを専用のチューブに入れ、子宮内に注入します。注入に要する時間は約1~2分程度で、通常痛みなどは伴いません。
人工授精を行った後は、念のため30分程度安静にした後、その日の内に帰宅できます。入院の必要などもないので、日常生活を送りながら治療を受けることが可能です。

人工授精を行ったからといって、100%確実に妊娠できるわけではありません。
また、前述の通り人工授精は現段階では自由診療扱いとなってしまうため、高額な治療費がかかってしまう場合もあります。
それらを理解した上で、自然妊娠が難しい場合に、有効な選択肢の一つとしてこうした治療方法があることを知っておくのは、決して不利益にはならないと思います。