まず初めに、卵管とは子宮と卵巣を繋ぐ長さ約10cm、直径約1mmの管のことです。
膣内に射精された精子は、子宮から卵管に移動し、卵管膨大部で卵子と受精します。受精卵は卵管で発育し、その後子宮に運ばれ、無事に着床すると妊娠成立となります。日頃あまり意識をしない卵管ですが、妊娠にとってはとても重要な役割を果たしているのです。
この卵管に障害があると、精子と卵子が受精しづらくなる、受精卵が子宮まで移動できなくなる、受精卵が卵管に着床する「子宮外妊娠」を引き起こすなど、様々なトラブルの原因になってしまうのです。これを「卵管障害(卵管性不妊)」といいます。

卵管障害は、主に以下のようなことが原因となって起こるとされています。

・STD(クラミジア、トリコモナス、淋病などの性感染症)
・細菌感染
・子宮内膜症
・腹腔内の炎症が移行(虫垂炎など)
・術後の癒着

卵管障害は不妊症の原因の約30%を占め、近年増え続けています。明確なリスクはSTD(性感染症)、性交渉の低年齢化、適切な避妊を行っていない、複数のパートナーとの性交渉があるなどで、卵管の長さは関係ありません。
つまり、冒頭にあげた「卵管が長いと着床しづらい」というのは、根も葉もない噂話と言って良いでしょう。どちらかといえば、長さよりも太さ(通気性)の方が妊娠にとっては大事な要素となります。卵管に十分な太さがあれば、人より多少長さがあっても受精は可能ですが、卵管がつまったり狭窄したりしていると、長さが短めでも受精は難しくなってしまいます。

卵管障害を調べるには、いくつかの検査方法があります。一般的に行われるのは、子宮の中に造影剤を入れて卵管の通りを検査する「子宮卵管造影検査」です。他にも「卵管通気検査」「卵管通水検査」「腹腔鏡検査」などがあり、状況に応じて最適な方法が選択されます。
卵管がつまっていたり癒着している場合でも、程度が軽症であれば上記の「子宮卵管造影検査」などで、症状が改善するケースが多々あります。一方、残念ながら改善しない場合は、次のような方法が選択されます。

・腹腔鏡手術
腹部にごく小さな穴をあけ、腹腔鏡を挿入して、つまりや癒着を取り除く手術を行います。

・卵管鏡下卵管形成術
膣からバルーンカテーテルと呼ばれる器具を卵管に挿入し、癒着を取り除きます。

・体外受精
卵巣から直接卵子を採取し、顕微鏡下で人工的に精子と受精させ、子宮に戻します。卵管を経由しないため、腹腔鏡手術や卵管鏡下卵管形成術で症状が改善しないケースでも妊娠が可能となります。

卵管障害の治療には多少の苦痛も伴うほか、妊娠率や分娩率では体外受精が上回るため、体外受精を選択するカップルも多いですが、卵管障害を治療しておくと、二人目や三人目を望んだ時に自然妊娠の可能性がUPするというメリットもあります。
また、卵管障害の治療には保険が適用されるため、一回の治療に対して自己負担額は十万円程度でおさまりますが、体外受精は基本的に自由診療のため、一回の移植につき四十万円前後の治療費がかかり、経済的な負担はかなりのものになります。

これらのメリット・デメリットを理解した上で、どんな治療を選択するのがベストなのか、考えてみる参考にしていただければと思います。