男性も女性も、年齢を重ねるにつれ、妊娠率は下がっていきます。ある統計データによると、女性の生理1周期ごとの妊娠率は、30歳までは25~30%、35歳で18%、40歳で5%、45歳で1%とされています。女性の持つ卵子の老化は37歳から42歳にかけて急速に進み、その数は10分の1にまで減少するともいわれているのです。

現代の社会では、晩婚化などにより35歳を超えて初産を迎える高齢出産カップルが増え、それに比例するように不妊で苦しむ人々も増加の一途をたどっています。生殖医療の発達により、体外受精などで子供を授かる人も増えていますが、高額な費用がかかる、身体的・精神的負担が大きいなどの理由で治療が続けられないケースも多く、依然として不妊の悩みは尽きません。

医学的には、正常な夫婦生活がありながら、二年経っても子供が出来ない場合を不妊と呼びます。かつては、全ての不妊は女性に原因があるというのが社会的な風潮でしたが、現在は男性に原因があるケースも少なくはないということがわかっています。不妊全体の中での割合は、女性原因が約五割、男性原因が約三割、原因不明が約二割といわれています。

しかし、不妊が原因で深刻な悩みを抱えるのは、男性よりも女性の方が圧倒的に多いようです。中には生理が来る度にうつ病に近い状態まで落ち込んでしまう方もいるようです。
「自分はこんなに頑張っているのに夫はどこか他人事だ」
「自分より後に結婚した友達が、どんどん妊娠・出産していく」
「両親や義両親から孫はまだかと催促される」
などなど、マイナスのスパイラルにどんどん嵌まり込んで行ってしまうケースも少なくありません。特に30代の適齢期ともなると、周囲は友人も身内も出産ラッシュで、「どうして自分だけ妊娠できないんだろう」などと、つい他人と自分を比較してネガティブになってしまうものです。

しかし、落ち込んでいても妊娠はできません。むしろ、ネガティブな気持ちはホルモンバランスの崩れにもつながり、妊娠にとってマイナス要素にしかなりません。
妊活中に生理が来ると落ち込んでしまうのは当たり前ですが、できるだけ気分転換をして、意識的にマイナスのスパイラルから抜け出すようにしましょう。
部屋に閉じこもって一日中妊娠や不妊のことを考えていれば、健康な人間でも気持ちが滅入ってしまいます。そんな時こそ、趣味に没頭したり、映画を観たり、本を読んだり、美味しい食事をしたり、無理やりにでも違うことをしてみれば、自分でも気づかぬ内に自然と気分転換が出来ているものです。
特におすすめなのは、体を動かすことです。友人とスポーツをしてみたり、夫婦でトレッキングに出かけてみたり……。運動をして新陳代謝を上げることは、妊娠しやすい体作りにもプラスに働きます。心地よく汗を流して心身ともにリフレッシュすれば、また次の周期も前向きにチャレンジしてみよう! という気持ちになれるはずです。

また、葉酸サプリメントや漢方、ヨガなど、妊活に良いとされるものを試してみたり、産婦人科を受診したことがない方は不妊に関する検査を一度受けておくのも良いと思います。
妊活中の生理は本当に辛いものですが、あまりそこに心を捉われて落ち込みすぎないようにしたいものですね。