98ae39b6f246390b0a9314bb5c883a00_s_s理想的なのは20代から35歳までの出産といわれています。

しかし、女性の社会進出に伴って晩婚化が進んでいるため、結婚した時点で35歳を過ぎていることも珍しくありません。

まずは病院で検査して今の体の状態を確認しましょう。

なぜ35歳なの?

15eacc9ae4c326ec1e831f3e3cfb63da_s_s
35歳という年齢にこだわるのはある意味、節目の年だからです。
35歳を境目にして卵子と精子の老化現象が始まってしまいます。

もちろん老化のスピードは個人差がありますので諦める必要はありませんが、自然妊娠を目指すのであれば早めに妊活をスタートするのに越したことはありません。

35歳を過ぎると妊娠の確率が下がるだけでなく、流産の可能性も高くなります

そのため妊活をスタートさせる前に今の時点の卵子や子宮の状態をぜひチェックしてください。

子宮筋腫子宮内膜症は35歳以上になると10人に1人の割合で起こるといわれているものなので特に気を付けたいですね。

また冷え性の女性も多く、35歳を超えると体が冷えた状態では子宮や卵巣の機能もそれに伴って悪くなってしまいます。

食事や運動を上手に取り入れて体を温めることで血流もよくなり、卵子の着床や妊娠の継続に関わる為、大事なことです。

温めるときに効果的な場所は仙骨です。
骨盤の中心にあり、腰よりも少し低い場所で背骨を支えている重要な骨です。

お尻の割れ目の少し上にぽこっと出っ張った骨があり、そこはあまり脂肪が付きにくい場所なので温めやすいと思います。

半身浴や仙骨にカイロに当てるなどの工夫で温めるだけでなく、気分のリフレッシュ効果もあるのでおすすめです。

医師やパートナーともよく話しあいましょう

年齢的にあまりのんびり妊活できないのもこの年代の特徴です。
病院にもよりますが、早い段階でいきなり体外受精を勧める病院も少なくありません。

不妊治療も様々な選択肢があるのでよく話し合って決めていきましょう。

a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s_sそして妊活をスムーズにすすめるために気を付けるポイントがあります。

夜更かしをしないこと、禁煙や飲酒量を制限すること、抗酸化のために食事やサプリメントで予防につとめること、冷房で体を冷やしすぎないことです。

 
これらはきちんと守らないと女性ホルモンの分泌量を下げてしまうので、少しずつでいいので制限していってほしいですね。