2b85fc8194ae71b441eb2180a8904e37_s排卵検査薬によってはドラッグストア専売品、ネット専売品などありますのであらかじめ調べておくといいかもしれません。

ドラッグストア専売品はお店で薬剤師の対面販売をすることが条件になっています。

通販でもいろんなものが選べますので検討してみてください。

ドラッグストアで購入する場合のメリットとデメリット

基本的に排卵検査薬をドラッグストアで購入したい場合は薬剤師の指導の下、対面販売と決まっています。

そのため、お店によって薬剤師不在、もしくは不在の時間は販売できない、最初から置いていない場合もあるのです。

わからない場合はお店に電話、もしくはメーカーのホームページで取扱い薬局を確認することが可能です。

基本的に薬剤師がいる処方箋薬局で取扱っていると考えていいと思います。

すぐ買いたい、薬剤師のアドバイスが欲しいという方はこの方法でいいと思いますが、忙しくて買いに行く暇がない方もいるでしょう。

近所に取扱い薬局がない場合もありますね。
そういった方は通販で購入しましょう。

通販で購入する場合のメリットとデメリット

国産のものは通販購入NGのようですが、国産商品であっても海外向けに販売されているものがあるのでそういったものを通販で購入するならオーケーのようです。

何とも不思議な現象ではありますが、薬事法で決まっていることなので仕方ないことですね。

ちなみに通販大手の楽天市場ではおしっこをかけるタイプの排卵日検査薬ではなく、排卵日チェッカーというだえきで検査するタイプのものしかありませんでした。

137024a884d060f7b487d24410e2a7d1_s
通販ならどこでも置いているわけではないようです。
アマゾンでは妊娠検査薬のみの扱い。

そこで取り扱いしている通販サイトを見てみると薬剤師に相談できるシステムを持っている外国が運営しているサイトだったりします。(例・ビューティーアンドヘルスリサーチ・米国)

個人輸入の会社が運営していることが多いようなので日本の一般的な通販とは異なると考えてください。

注文してから1週間から2週間程度かかることも多いので早目に注文しましょう。
気軽にどこでも買えないのはとても残念ですね。

普通のお買い物とは違うんだという認識で買わないといけない商品のようです。

最近ではアメリカ製だけでなく、中国製のWondofo(ワンドフー)、DAVIDも人気です。