330f534ef82c23bbc4b2e0e4386347ae_s妊娠を希望する人にとって、自分の年齢ではどのくらいの妊娠確率なのかは気になる物です。

一般的に自然妊娠では35歳女性を境目に妊娠確率は少しずつ減っていき、40代ではひと桁となります。

高度医療においては妊娠確率は自然妊娠より上がりますが、35歳女性を境目に妊娠確率が下がる事は同じです。

もちろん人によって個人差はありますが、妊娠を希望するのであれば早い内に病院に行き検査や妊娠指導と受ける事が非常に大切なのです。

35歳からの効率的なステップアップについて

35歳を境目に妊娠確立が下がる理由として、一番は卵子の老化が問題とされています。

通常女性の卵子は母親の胎内にいる内に元が出来、出生後に新しく卵子が作られる事はないのです。
その卵子が毎月の排卵を得て減っていく上、体の衰えと共に卵子も衰えていくからです。

規則正しい生活やストレスをためない等で卵子の老化を遅らせる事は出来ますが、35歳の女性が20歳のころの自分と同じ卵子を持ち続ける事は難しいです。

この卵子の老化ですが不妊の検査では卵子の反応は分かっても、殻の厚さや空砲状態等は調べる事が出来ないのが現状です。

ではどうすれば分かるかと言うと、ステップアップして卵子を実際にチェックしながら受精する方法のみです。

培養液の中で分割を繰り返す卵子は人の目から見て問題点が分かりやすいので、第2子第3子を希望した際の良い対処法が分かる事も多いです。

35歳すぎの女性が高度医療を選ぶ為の目安

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s高度医療をするクリニックでは、妊娠確立に10パーセント以上もの差があるクリニックがあります。

当然良い妊娠確立のクリニックにお願いしたいのが人情ですが、実際年齢と妊娠確立の繋がりはあっても施術によって大きな差が出る事は少ないです。

なぜなら妊娠は精子と卵子が受精する事によって起こるので、人の手はあくまでも補助でしかないからです。

ではなぜこんなに差があるのかと言うと、採卵の後培養液に何日付けているかの差です。
一般的に培養液の中はお腹に比べ過酷な状況なので、培養液で長く生きた受精卵は強いと見なされ妊娠率があがります。

しかし年齢を重ねて卵子が弱ると培養液で長く生きる事が難しくなる為、妊娠率より培養日数を考慮した方が良い場合も多いのです。