66cf48d9bc8adaa96ed6029828b93c21_s晩婚や仕事の多忙等様々な理由で、35歳を過ぎてから妊活を始める人が多くいます。

現代はハラスメントと捉えられる事を危惧してハッキリと年齢で区切る事を口にする人は少ない上、40歳を超えても妊娠する人を見ると女性の妊娠可能年齢が上がった様に錯覚しがちです。

しかしどんなに見た目が若くても、子宮年齢は年齢相応です。

一般的に35歳からの出産は高齢出産となるので、35歳からの妊活は年齢を意識しながら行うべきです。

35歳以上の妊娠が難しくなる理由

1b1059f6596abfe7a23ac79d9d758e58_s_s35歳からの妊活と35歳以下の妊活において一番の違いは、卵子と精子の老化です。

一般的に卵子が老化すると殻が硬くなり受精しにくくなる事と、精子の老化によって染色体異常が増える事が危惧されています。

 

その為35歳を過ぎてからの妊娠率はぐっと下がり、40歳を過ぎると妊娠率は非常に少なくなります。

その事をふまえ妊活において35歳を過ぎたら早めに妊娠出来る様、心がける事が望ましいとされています。

ごく稀に高度医療を視野に入れる事で35歳を過ぎても問題ないと考える人がいますが、高度医療においても35歳以上の妊娠率がぐっと低下する事は同じです。

なぜならどんなに素晴らしい技術でも最終的に受精するのは自分たちの精子と卵子なので、精子と卵子が老化する事は妊娠において一番の問題点と言っても過言ではないからです。

35歳以上の妊活で意識する事

35歳からの妊娠が何故高齢出産として区別されているのかと言うと、35歳以上は何らかの障害が表れやすいからです。

具体的には精子の老化による染色体異常の為の胎児の奇形や流産率アップ、卵子の老化による着床障害等です。

他にダウン症や先天性異常も、年齢と重ねる程リスクは増えていきます。
中には20代では1000人に1人のところ、40代では29人に1人まで上がる障害もある程です。

更に無事出産した後に鬱になるリスクも高齢の方が高い為、35歳以上はなるべく早い妊娠が望ましいのでステップアップを早い段階から医師に勧められる事も多いです。

その時どうするのかと言う事を、夫婦で良く話し合っておくと良いです。